ラグビーワールドカップの会場でNomadSIM(ノマドシム)の速度計測!

ラグビーワールドカップの会場でNomadSIM(ノマドシム)の速度計測!
よっしぃ
よっしぃ

行ってきたで!ワールドカップ!!観てきたで!ワールドカップ!!

鬼嫁
鬼嫁

行った!とか、観た!とかウルサイねん。基本はビールだけやろが?

よっしぃ
よっしぃ

アホ!俺は4年に一度ではなく、一生に一度の感動を体感してきたんじゃ!

鬼嫁

ほな、昨晩の「ビール漬け」としか思えんTシャツはどないやねん?

青ざめる、よっしぃ
ガクブル

チ・ョ・ビ・っ・と・コ・ボ・し・た・だ・け・な・の・よ・・・

ラグビーワールドカップのジョージアvsフィジー戦を花園ラグビー場で観戦してきました!

ラグビーワールドカップ・ジョージアvsフィジー戦を東大阪・花園ラグビー場で観戦してきました。

発売日から試行錯誤してチケット入手を試みてきましたが、なかなかうまくいかず、あきらめかけていた頃に友人から入手成功の朗報が届いたのです!

幼少の頃から地元の慣れ親しんだラグビーの聖地・花園ラグビー場で開催されるワールドカップは是が非でも観たかったので試合当日、友人には感謝の意味を込めて「1~10まで」奢りました。

試合開始2時間前には到着していたのですが、すんごい人・人・人で駅からスタジアムへの通称「スクラムロード」は熱気にあふれていました。

大観衆のラグビーワールドカップの会場でNomadSIM(ノマドシム)のスピードテストをしてみた!

ラグビーワールドカップ・花園ラグビー場

そんな中、私の心の中にどうしても試合当日にやってみたいことが芽生えていたのです。

それはラグビーワールドカップの試合会場で、この夏から愛用しているNomadSIM(ノマドシム)のスピードチェックでした。

私は実際に大観衆の花園ラグビー場の中でNomadSIM(ノマドシム)のポテンシャルとクオリティを確認してみることにしました。

あっ、NomadSIM(ノマドシム)をご存知ではない方は下記のページで詳しく解説していますので、ご覧ください。

NomadSIMのスピードテスト①:試合開始2時間前のスタジアムの外で計測してみた!

まずは試合開始2時間前にメインゲート前の広場でスピードテストを行いました。

試合開始2時間前といっても、すでにたくさんの人達で溢れかえっていて、その手には記念撮影や情報収集のためのスマホが握られていました。

その時点で電波が混み合っていることは容易に想像できましたが、実際にスピード計測を行ってみてビックリ!!

こんな多数の人達が集う狭いポイントでもNomadSIM(ノマドシム)はしっかりと2桁の数値をたたき出してくれていましたよ!

NomadSIMのスピードテスト②:試合開始1時間前のスタジアムの中で計測してみた!

次は試合開始1時間前にスタジアムに入場した直後にスピードテストを行いました。

試合開始1時間前とあって、すでにたくさんの方々が入場されていて、その個々の手にはスマホがしっかりと握りしめられており、目に見えない電波の取り合い合戦が始まっていました。

そんな状況下でNomadSIM(ノマドシム)はしっかりと、「必要最低限の電波」をキャッチしてくれていました!

NomadSIM(ノマドシム)の新幹線の車内での活躍ぶりを確認されたい方は下記のページをご覧ください。

NomadSIMのスピードテスト③:試合のハーフタイムにスタンドで計測してみた!

このラグビーワールドカップの試合会場でNomadSIM(ノマドシム)のスピードテストのメインテーマでもある、「ハーフタイム」での計測をしっかりと行いました。

ハーフタイムでは雨が降ってきて風景画像が無いのが恐縮ですが、測定値のスクショはしっかりと保存してきました。

ハーフタイムはサッカーでもアクセスが一気に集中するタイミングで、スマホが激重になることは慣れていたので想像はしていましたが、測定結果は「う~ん、仕方ないな」というのが本音です。

このテーマのまとめ

【NomadSIM(ノマドシム)のスピードテスト(ラグビー会場)の結果】

  • 試合開始2時間前のスタジアムの外→17Mbps
  • 試合開始1時間前のスタジアムの中→7.4Mbps
  • ハーフタイムのスタンド→2.4Mbps

この夏から利用しているNomadSIM(ノマドシム)はあらゆるシーンで私のネットライフを支えてくれて、もはや「相棒」と言える存在です。

そんなNomadSIM(ノマドシム)はWi-Fiルーターも合わせて、下記のページで詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください!