ワクチン接種前に抗体検査キットで中和抗体の有無を確認してみた!

コロナ抗体検査キット
よっしぃ
よっしぃ

前から気になっていた抗体検査を思い切って、やってみることにしたわ!

嫁はん
鬼嫁

アホみたいに大声で酒を呑むオッさんの過去の感染の有無なんか、どうでもえぇわ!

青ざめる、よっしぃ
ガクブル

ホンマ、1回顔面におもいっきり芋焼酎吹きつけたろか・・・

ドラッグストアでコロナ抗体検査キットを買ってきた!

コロナ抗体検査キット説明書き

近隣の医療施設でワクチン接種の事前予約が可能であり、接種券の郵送スケジュールも把握した上で、ワクチン接種が目前に迫った時にふと脳裏をよぎったことがありました。

よっしぃ
よっしぃ

俺って、ひょっとしたら無症状で感染していた時期があったのでは?

私は友人や知人と一緒に飲むお酒は大好きではあるが、緊急事態宣言やまん防発出中は飲食店への出入りは極力控えており、飲酒はほぼ皆無でした。

しかし、充分な予防策を施していてもコロナはどこで感染するか分かりませんし、私の友人が実際にコロナに感染した経緯(↓の筆者の拙著)もあるので「まさか自分もすでに感染していたのでは?」との疑問は強く残っていました。

そこで以前、店頭で見たことがあったので近隣のドラッグストアで販売している市販の検査キットを購入して、早速検査してみることにしました。

コロナ抗体検査キットは店頭のレジのすぐ横に陳列してあり、店員さんに聞くと「一日に数個売れてますね」っと言ってましたので、やはり一定の希望者は居るものと思われます。

購入したドラッグストアはキリン堂で価格は2,420円(税込)でしたが、購入後にじっくりとネットで探してみると、ネットでも購入できる検査キットを見つけました。

私は「今すぐに検査したい!」という思いが強かったので、わざわざドラッグストアに出向きましたが、おそらく検査キットとしての基本的精度は同等レベルだと思いますので気になる方は一度チェックしてみてください。

【要注意】抗体検査は開始前に梱包物を確認してトリセツをしっかり読もう!

コロナ抗体検査キット全内容

一般的になんにでも言えることですが「取扱説明書(トリセツ)」をしっかりと読まない(読むのが面倒)方は一定数おられますが、今回のような市販の検査キットを使って自宅で検査する際はしっかりと「取扱説明書(トリセツ)」熟読されることをオススメします。

また、梱包物の確認も大事なことで開封後にしっかりと確認することをお忘れなく!

コロナ抗体検査キット主要品
コロナ抗体検査キット本体

私の購入した抗体検査キットはトリセツ類を除けば、おもに上の画像の「検査器」「採血用スポイド」「採血器」「消毒液布」の4点ですが、比較的細かいものばかりなので、紛失しないように注意しながら開封してください。

【超簡単】それでは実際に抗体検査をする手順を5ステップで解説します!

【検査完了までの5ステップ】

  1. まず、採血する指の部分を消毒する
  2. 採血器をトリセツ通りにセットする
  3. スポイドで出来るだけ血液を確保する
  4. 試験器に血液を滴下する
  5. 希釈液を滴下する

ここでは実際に抗体検査をする手順を5ステップで解説していきますが、実際に検査した筆者自身の画像を使えれば良かったのですが、孤独な環境下での検査で撮影協力者が居らず、取扱説明書(トリセツ)の画像を引用して解説していきます。

①まず、採決する指の部分を消毒する

コロナ抗体検査キット消毒

まず最初に採血する指の部分の消毒をしますが、私は付属の消毒液布の端の部分で数回、採血する指の腹を拭いて消毒しましたが、消毒液布は後ほど採血部の消毒で使用しますので、手元に近い清潔な場所にしばらく置いておきます。

②採血器をトリセツ通りにセットする

コロナ抗体検査キット採血

採血器は小さな針を指に一瞬だけ刺し、採血するためのもので取り扱いは事前に確認しながら慎重に行いましょう。

あと、採血器を使った私の感想ですが一瞬『チクっ!』っとする程度で、「痛い」という感覚はありませんでしたが、あくまで個人的な感想なのであしからずご了承ください。

③スポイドで出来るだけ血液を確保する

コロナ抗体検査キットのスポイド採血

これも私の個人的な感想ですが予想以上に多い出血量でしたので、すぐに充分な採血量に達しましたが、すぐに消毒液布を患部にあてて、しばらく経過すると数分後には止血していました。

④試験器に血液を滴下する

コロナ抗体検査キット検査開始

採血したスポイドから血液を試験器の「S」の二ヵ所に数滴づつ垂らしますが、個人的には2~3滴で充分だと感じました。

⑤希釈液を滴下する

コロナ抗体検査キット希釈液

このあと、付属の希釈液を両方の「S」の穴に2~3滴づつ垂らして、5~10分待てば検査は終了です!

【結果発表!】私は『陰性』でした!

コロナ抗体検査キット検査結果

上の画像は検査実施から約15分程度経過した時点で撮影したものですが、両枠とも「C」の部分にしか「-」が無いので、過去にコロナ感染し無症状で過ごしていたことはなく、感染歴のない『陰性』であるとの結果でした。

IgM値・・・感染直後に発生する抗体

IgG値・・・感染後、数か月残る抗体

ちなみに上の画像で「T」の部分にも「-」が現れれば「陽性」の可能性が高いということです。

【まとめ】抗体検査は手軽で超かんたんに誰でもチェック可能です!

  1. 抗体検査キットはネットやドラッグストアで気軽に買える!
  2. あくまで個人レベルでの検査で精度はそれなりとなる。
  3. 筆者自身は検査して大満足でした!

あくまで「研究用」と位置付けられ、医学的な証明にはなりにくい抗体検査キットですが、個人的な欲求解消には充分満たしてくれるものだと個人的には思います。

検査の精度的には「高くもなければ低くもない」という意見が散見されますが、ネット上でもリアル店舗でも市販の検査キットでは大差はないと考えますので、興味のある方は↓をぜひ一度ご確認ください。