タイムズカーシェアで事故後に電話~保険会社とのやりとりの一部始終

タイムズカーシェアで事故後に電話~保険会社とのやりとりの一部始終
よっしぃ
よっしぃ

この前のタイムズカーシェアでの接触事故にはビックリしたわいさ!

鬼嫁
鬼嫁

ホンマやで!一心不乱の表情でお爺ちゃん、直進してくるもんなぁ~

よっしぃ
よっしぃ

今、世間で問題になってることに自分が直面するとはなぁ~

鬼嫁
鬼嫁

明日は我が身やで!運転中に女性を凝視するのは事故の元やで!

青ざめる、よっしぃ
ガクブル

・・・

タイムズカーシェアの車で接触事故の被害を受けました!

タイムズカーシェアの車で接触事故の被害を受けました!

先日、10連休のゴールデンウィークも最終日となった日に私と鬼嫁と二人で買い物に出かけた時のことでした。

その日は息子が早朝から私の車で外出していたので、近所のコインパーキングの「タイムズカーシェア」で車を借りて買い物に出かけることにしました。

しかしその日に限って、目的地が初めて行くショッピングモールだったのです。行き方のルートは分かっていたのですが、周辺の細かな道は初めて通行する道路でした。

進行方向にショッピングモールが見えてきて間もなく到着するという時、狭い道幅の道を通過しようとした矢先に前方から対向車が現れました。

相手の運転手は83歳のおじいさん・・・

相手の運転手は83歳のおじいさん・・・

私は不慣れな場所なので車をピッタリと左端に寄せ、相手の行動を見守りました。

こういう場合は私の経験上、近隣の地元ドライバーなら何らかのアクションで通行の是非をアーピルしてくると考えたからです。

私は相手が無理と判断したなら、私自身がバックしてその場をやり過ごす気持ちでいましたが、対向車はスピードを落としながらではありましたが、そのまんま直進してきました。

対向車の運転手を見ると、高齢者の方であることは一目瞭然でしたが、相手の反応を確認するために私は完全に車を左端にピタッと停車させて運転者の判断を待ちました。

すると相手のおじいさんはスピードは落としていましたが、真正面だけをシカっと見据えて、一心不乱に直進してくるではありませんか!

私は直前まで迫ってきたおじいさんに、手を大きく振ってダメ出しをアピールしましたが、相手のおじいさんは私のアクションに気づく素振りも見せずにゴーイングマイウェイです。

その直後、私の真横から❝ガリン!バッキン!❞という聞きたくない接触音が聞こえましたが、その後の数秒間も❝ガリ!バキ!バキン!❞と金属が変形していく音が響きました。

そうです・・・

相手のおじいさんは私の車に当たりながらも、すり抜けて行ったのです・・・

警察に110番しようとした時に奇跡が起きた!

警察に110番しようとした時に奇跡が起きた!

相手が私の車に接触しながら通過した直後、私は運転席から降りて、おじいさんの車へ駆け寄りました。

さすがに相手のおじいさんも接触したことには、さすがに気づいていたらしく、窓ガラス越しに私に対して発した第一声が「えらい、すんまへんなぁ~」でした・・・

その後、双方ともに通行に妨げにならない場所に車を移動させ、警察を呼んで事故の処理をしてもらおうと私がスマホを取り出した時に背後から「どうか、されましたかぁ?」との声が・・・

なんと、偶然通りかかったパトロール中のおまわりさんが声をかけてきたのです!

これには私も鬼嫁も、相手のおじいさんも助手席のおばあさんも一斉に「えぇ~?」っと奇声を上げたのでありました・・・

タイムズカーシェアに事故発生の報告をするために電話で連絡しました!

タイムズカーシェアに事故発生の報告をするために電話連絡!

とにもかくにも事故発生を予知していたかのごとく、突如表れた警官が事故現場の計測と確認をしている間に私は、タイムズカーシェアのカスタマーセンターに事故の報告の連絡をしました。

オペレーターにはまず、双方のケガの有無と被害状況を聞かれ、今後の流れを教えてもらって一旦電話を切りました。その間のやりとりは約5分程度だったと思います。

警官が現場で事故処理を行いました!

警官が現場で事故処理を行いました!

取り急ぎタイムズカーシェアのカスタマーセンターに事故の報告をしたあとに、現場で当事者立会いの下で事故の検証が行われました。

私は道幅が狭かったので対向車を確認した時に車を左端に停車させ、相手の判断を待ったと主張したところ、相手のおじいさんはそのことを全面的に認め自分が接触させてしまったと証言しました。

その時に事故現場で接触シーンをすべて見ていた野次馬おじさんが「私側に過失はない!」っと警官に対して強くアピールしてくれたので1万円差し上げてお礼を言ってお別れしました。

事故の検証は20分程度で終了し、相手のおじいさんは私に対して謝罪して車に乗り込み去っていきました。

私たち夫婦も車は走行可能だったので、そのまま予定通りショッピングセンターに向かいました。

タイムズカーシェアに警察による事故処理終了の報告をしました!

タイムズカーシェアに警察による事故処理終了の報告をした!

その後、5分ほどでショッピングセンターのパーキングに駐車した私は、すぐにタイムズカーシェアのカスタマーセンターに警察の事故処理が完了したことを報告しました。

その時にオペレーターからは、今日中に保険会社から私宛に連絡があることを告げられて、約3分ほどのやり取りの電話を切りました。

事故発生から約2時間後に保険会社から電話がありました!

事故発生から約2時間後に保険会社から電話がありました!

それからショッピングモールの中を鬼嫁とウロウロして、少し疲れたのでお茶していた時に私のスマホが鳴り、電話に出ると保険会社のオペレーターでした。

その時は双方のケガの有無と警察への届け出と事故処理の状況を聞かれたあと、翌日に本件の事故の担当者から連絡があると聞いて電話を切りましたが、今回の電話は約10分程度のやりとりでしたね。

翌朝9時30分ごろにタイムズカーシェア側の保険会社の担当者から電話がありました!

そして翌日の朝、9時30分ごろに私のスマホに電話がありました。相手はタイムズカーシェア(私)側の保険会社、損保ジャパンの担当者からの電話でした。

その内容は約10分程度で、そのほとんどが今後の流れの説明でした。この時点では私と双方の過失割合は不明でした。

続いて10時30分ごろに相手側の保険会社の担当者から電話がありました!

これは意外に早いものでしたが、10時30分ごろに相手側の保険会社の担当者から電話がありました。その内容はまずケガの有無の確認とすぐさま弁償の手続きに入るという、約10分程度のものでした。

そこで私が確認すると、過失割合は0-100で相手のおじいさんに非があるとの判断だとのことでした。偶然でしたが相手の保険会社も損保ジャパンでした。

【最終局面】一ヵ月後、こちらからタイムズカーシェアに電話で問い合わせました!

【最終局面】一ヵ月後、こちらからタイムズカーシェアに電話で問い合わせました!

前述の事故発生日に翌日に相手側の保険会社(損保ジャパン)からの連絡を最後に一ヶ月間、どこからも連絡がありませんでした。

てっきり事故処理の報告があると思い込んでいた私はこれ以上待てないと判断し、事故発生から一ヶ月経過を機に、タイムズカーシェアに連絡してみますと・・・

事故処理に関して、タイムズカーシェア側は「何かあれば連絡する」というスタイルらしく、まったくスムースに事故処理が進んだ今回の事故に関しては連絡する必要なしとの判断だったようです。

結局、確認したところ事故から約2週間後の2019年5月20日(月)に全面解決していたとのことでした。

そこで私は最後に大事なことを電話口のオペレーターに確認してみました。それはノンオペレーションチャージ(NOC)のことでした。

私は予約時に「安心補償サービス(309円)」を正直、ケチってしまったので、ノンオペレーションチャージ(NOC)として2万円支払う義務が生じたのです。

ただ、事故発生時に真っ先にタイムズカーシェアに電話連絡をした際に、「過失割合が0-100の場合はノンオペレーションチャージ(NOC)が免除される可能性がある」と聞いてはいたのです。

しかし、私のノンオペレーションチャージ(NOC)の質問に対して電話口のオペレーターは「相手側の保険会社(損保ジャパン)からの連絡と確認が必要です」とアッサリと告げられました。

結局、その確認作業も私が行うことになり、なんかスッキリしない違和感を感じたまま、相手側の保険会社(損保ジャパン)の担当者に電話連絡をしました。

その内容は至って簡単で「過失割合におけるノンオペレーションチャージ(NOC)の免除申請ですね?」っと言われて、「了解しました!私からタイムズカーシェアに報告します!」との返答。

思った以上にマニュアル化されているような返答に拍子抜けしましたが、あらためて翌日にタイムズカーシェアに電話することにして、その日は終わりました。

【最終結果】過失割合は「0-100」でノンオペレーションチャージ(NOC)は戻ってくるということでした!

【最終結果】過失割合は「0-100」でノンオペレーションチャージ(NOC)は戻ってくるということでした!

前述のノンオペレーションチャージ(NOC)の電話確認の翌日の午前11時にタイムズカーシェアにあらためて電話をして確認しました。

よっしぃ
よっしぃ

昨日も電話させていただきましたが、先月の事故の件でノンオペレーションチャージ(NOC)の有無の確認でお電話しました。

オペレーター
オペレーター

分かりました。担当部署に確認を取ってから折り返し、本日中にご連絡を差し上げますので少しお待ちください。

よっしぃ
よっしぃ

了解しました。よろしくお願いします。

このやりとりの後、約3時間後の午後2時ごろに担当者から電話があり、一旦クレジットカードから引き落とされるが後日、2週間以内に銀行振込で返金するとの返答でした。

これで事実上、0-100の被害事故はノンオペレーションチャージ(NOC)が免除されることが分かりました。

そして、事故歴のカウントも解消され、一旦減算された「TCPあんぜん走行距離」のポイントも復活するようです。

しかし、この結果は自発的に申請する必要があるのかも知れません。実際にタイムズカーシェア側から返金申請に際しての案内はありませんでした。

ですので、問い合わせてみないと返金されない可能性もあるかもしれないので、同様の条件下の方はぜひ、タイムズカーシェアに返金申請を打診されることをオススメします。

これで今回の私のタイムズカーシェアでの事故の一部始終は終了となりました。0-100の被害事故とはいえ、昨今の高齢者の運転事情を体感することになり、日頃注意を怠らないことを痛感しました。

しかも、タイムズカーシェア利用中で自家用車ではない事故処理を経験することになりましたが、落ち着いて対処すれば、まったく問題ないことがよく分かりました。

しかし、やっぱり事故はわずらわしいので、全力で避けるべきことではありますので、日頃の安全運転を心がけるように細心の注意をはらってください。

このテーマのまとめ(時系列表)

  1. 接触事故発生【2019.5.6(祝)13:00】
  2. 奇跡の警官登場シーン(13:10)
  3. 警官による現場検証開始(13:15)
  4. タイムズカーシェア・カスタマーセンターへの連絡(13:18)
  5. 警官による現場での事情聴取開始(13:25)
  6. 警察の事故処理完了~現場から退散(13:35)
  7. タイムズカーシェア・カスタマーセンターへの連絡(13:45)
  8. 保険会社からの電話連絡(15:50)
  9. 翌日の保険会社からの電話連絡【2019.5.7(火)9:30】
  10. 翌日の相手側の保険会社からの電話連絡(10:30)
  11. 現状連絡待ち
  12. 知らぬ間に全面解決【2019.5.20(月)】
  13. 連絡が無いのでこちらから電話【2019.6.6(木)10:30】
  14. 相手保険会社へ電話(11:00)
  15. タイムズカーシェアへ最終確認の電話【2019.6.7(金)11:00】
  16. タイムズカーシェアから折り返しの電話(14:00)
  17. 二週間以内に銀行振込で返金予定とのこと。(実際には約3週間要した)【終了】
よっしぃ
よっしぃ

今回の事故で私が強く感じたことは予約時の「安全補償サービス(309円)」はケチらずに払う!ということです。

「安全補償サービス(309円)」は事故時にノンオペレーションチャージ(NOC)等の支払いが免除される保険的なサービスです。

今回は0-100の被害事故でしたが、軽い接触事故でもノンオペレーションチャージ(NOC)はちょっとウザいです。

私は今後もタイムズカーシェアを利用していくと思いますが、「安全補償サービス(309円)」はケチらず支払うことを強く感じました!